童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋MENU >白鳥の湖への旅 >

 

著書の訂正(バレエ関係)

このページでは、北村正裕の著書のうち、バレエと関係の深い「オデット姫とジークフリート王子のほんとうの物語」と「夜汽車の憧れ」の記述の中の間違いを訂正したいと思います。

 

「オデット姫とジークフリート王子のほんとうの物語」の中の<解説>の内容の訂正

●83ページと85ページ:メッセレルによるハッピーエンド演出の年号「1923年」は間違いで、正しくは、「1937年」です。

「オデット・・・」の解説執筆時は、小倉重夫著「白鳥の湖の美学」(春秋社)を情報源としていたため、同書の間違いをそのまま引き継いでしまっていました。

なお、2013年3月の日本バレエ協会「白鳥の湖」(ゴルスキー版)の公演プログラムによると、ハッピーエンド演出が初めて登場したのは、1920年のゴルスキー版であるとのこと。そして、その後の改訂を経て、1937年のメッセレルの再振付以来、ハッピーエンド演出が旧ソ連で主流になっていったようです。(13. 3.24追記)

●83ページ:オデットを村娘とする設定は、清水哲太郎版ではなく、同じ松山バレエ団の松山樹子版(1960年版)でした。さらに、現在では、清水哲太郎版は二種類あって、1979年版はD型、1994年版はC型(いづれも、「オデット・・・」82ページの分類法)ということになります。

●102ページ:現在では、「白鳥騎士伝説」は「白鳥処女伝説」からから派生したものである可能性が強いと思っています。詳しくは、「夜汽車の憧れ」の中のエッセイ「ブリュンヒルデは白鳥だった!?」をご覧下さい。

 

「夜汽車の憧れ」の付録「北村正裕のバレエ・オペラ鑑賞ノート」の内容の訂正

●76ページ:プティパ台本での妖精と贈り物の内容が間違いで、正しくは、次の通り:

<台本に登場する順に書くと>・・・純真の精、極上の小麦粉の精、激しさの精、カナリアの精、パンくずの精、リラの精

<楽譜(音楽)上の順序では>・・・純真、極上の小麦粉、パンくず、カナリア、激しさ、リラの精

「夜汽車の憧れ」執筆時は、小倉重夫著「チャイコフスキーのバレエ音楽」(共同通信社)の解説を情報源としていたため、同書の間違いをそのまま引き継いでしまっていました。

●66〜67ページ:表1の中のチャイコフスキー記念東京バレエ団の部分、第4幕の曲順で、「19-VarU」と記すべきところ、その「19」が脱落しています。訂正します。また、演出・振付の欄に「ゴルスキー、メッセレル、スミルノフ」と記してありますが、公演プログラムには、「振付=アレクサンドル・ゴルスキー、イーゴリ・スミルノフ」と書かれていて「メッセレル」の名は記されていませんでした。メッセレルによる改訂の痕跡がはいっている可能性は十分にあると思いますが、一応、「ゴルスキー、スミルノフ」と訂正します。
(2013年4月8日追記)

 

参考文献

●森田稔「永遠の白鳥の湖」(新書館、1999年)

●Wiley"Tchaikovsky's Ballets"(Oxford University Press,1985)

●パリオペラ座のプログラム(1990)

●東京バレエ団のプログラム

●松山バレエ団のプログラム

 

 

白鳥の湖への旅のトップへ

童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋MENU