童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋> MENU > リンクページ

 

~花やしき少女歌劇団・木村唯さんへのオマージュ~

北村正裕作、小説

「8月のメリーゴーランド
~十八の情景~
(Kindle版)
2017年2月電子出版


~電子出版のお知らせ&関連リンク~
(2017. 3.30更新)


小説「8月のメリーゴーランド~十八の情景~」
(北村正裕作、2017年2月、Kindle版)
https://www.amazon.co.jp/dp/B01N4WVI3U/


Kindle版電子書籍は、専用のリーダーがなくても、PCでもスマホでもタブレットでも、無料のKindleアプリをいれれば読めます。クレジットカードのほか、コンビニ等で買えるAmazonギフト券でも決済できます。

購入ページに1-Clickボタンが表示されない場合は、1-Click設定を変更して「ON」にしてください。
PCでの1-Click設定変更の説明は、
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201889370
にあります。
モバイル端末(スマホなど)での1-Click設定変更の説明は、
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201443050
にあります。
クレジットカードでの決済の場合はそのように設定し、また、コンビニで売っている1,500円のAmazonギフト券を利用する場合は、その番号を登録することになります。Amazonギフト券の使い方の説明は、
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=642976
にあります。
PCやスマホ等でKindle本を読む場合に必要なKindleアプリ(無料)は、
https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/fd/kcp
からダウンロードできます。







小説「8月のメリーゴーランド~十八の情景~」
(北村正裕作、2017年2月、Kindle版)
https://www.amazon.co.jp/dp/B01N4WVI3U/
は、浅草の遊園地、花やしきで活動する花やしき少女歌劇団で、病と闘いながらも歌い続け、2015年10月に18歳で亡くなった歌手、木村唯さんと、彼女をささえた仲間たちへのオマージュであり、また、唯さんの素晴らしい歌唱を引き出した曲「8月のメリーゴーランド」(作詞=織音、作曲=蓮沼健介)へのオマージュでもあります。
唯さんが亡くなる前年にあたる2014年夏の、花やしきフラワーステージでのショーで彼女が歌った「8月のメリーゴーランド」の映像はネットで公開されて、その歌のもつ母性的な優しさが明るい声で見事に表現されていて、圧倒的です。
唯さんが歌い続けたフラワーステージと、その上に建っていたBeeタワーは、2016年10月に老朽化のために解体されましたが、花やしき少女歌劇団は、会場を移して、再スタートを切っています。
唯さんの歌う「8月のメリーゴーランド」の生の舞台を見たかったという思いがこの物語を書くきかっけになったと言ってもよいかもしれません。

物語は、2016年9月から2017年3月までの浅草が主な舞台になっています。そこで、正体不明の「私」が、先輩との会話や、映画との出会い、不思議な少年少女との出会いを通して、別世界の存在を強く意識するようになり、やがて、幻覚のような世界が現れます。そして、2014年夏の花やしき少女歌劇団の映像に魅入られて、別世界に引き込まれていきます。



小説「8月のメリーゴーランド~十八の情景~」の第十八の情景(花の少女)は、一編の詩になっていますが、これは、メロディーと同時に作りました。歌としては、2017年3月16日の、四谷、Doppoでのライブで、ライブ初披露しました。
ライブ情報→http://masahirokitamura.art.coocan.jp/live-s.html
また、リハーサル音源をYouTubeで公開しています(2017年2月14日公開)。この音源は、1月26日にスタジオマザーハウス池袋でのリハーサルを録音したものです。
「花の少女」リハーサル音源→https://youtu.be/KZdaKNFqk-s


https://youtu.be/KZdaKNFqk-s

https://youtu.be/KZdaKNFqk-s





●木村唯さんが歌う「8月のメリーゴーランド」(織音作詞、蓮沼健介作曲)のライブ映像


2014.7.20 花やしき少女歌劇団
https://youtu.be/BMzLWoDIyQQ

https://youtu.be/BMzLWoDIyQQ
冒頭で、木村唯さんが「8月のメリーゴーランド」を歌います。


2014.7.13 花やしき少女歌劇団「8月のメリーゴーランド」
https://youtu.be/ar8cY-QrmeI

https://youtu.be/ar8cY-QrmeI



2014.8.10 花やしき少女歌劇団
https://youtu.be/Uf9HmLxxPys

https://youtu.be/Uf9HmLxxPys
冒頭で、木村唯さんが「8月のメリーゴーランド」を歌います。歌が終わると、観客から「唯ちゃん」「ゆいゆい」と、声援が飛んでいるのも収録されています。また、7月20日のライブ映像と同様、ラストでは、メンバーに助けられて椅子から立ち上がった唯さんを中心に全員で「空へ」が歌われます。



●木村唯さんについてのドキュメンタリー番組


2016.3.2<NONFIX>それでも生きて歌いたい
~片足のアイドル 木村唯・18歳~
番組ホームページ
http://www.fujitv.co.jp/nonfix/library/2016/663.html


2016.3.2<NONFIX>それでも生きて歌いたい
フジテレビ制作の番組、YouTubeのhanayashikimusicチャンネルの動画
https://youtu.be/CjQEZcT5xLA

https://youtu.be/CjQEZcT5xLA
フジテレビ制作の番組
小児がんと闘いながら歌い続けた木村唯さんの活動を追ったドキュメンタリー番組。
2015年6月のSUMMER!フラワーのライブで歌われた「思い出の足跡」(木村唯&大橋妃菜作詞、蓮沼健介作曲)の映像もはいっています。ただし、歌詞の字幕の一部に誤りがあります。 「一緒にバカなことした毎日が」というところが、フジテレビの番組の字幕では「一緒にいたからふとした毎日が」になっています。この放送は、この曲のCDの発売より前で、放送時には、歌詞カードとの照合ができなかったと思われます。CDについては、ブログ記事もご参照ください。




●木村唯さんの舞台のライブ映像セレクション


2013.6.23 花やしき少女歌劇団&木村唯
https://youtu.be/q_IdMcxClpY

https://youtu.be/q_IdMcxClpY
手術の前、抗ガン剤による治療を終えて舞台に復帰したときの映像。唯さんを中心に3人が椅子に座って歌う「私達にできること」の振り、演出に注目。カメラワークも、その演出をよくとらえています。


2013.12.08 花やしき少女歌劇団(木村唯復活)
https://youtu.be/vLuvzAtxvrg

https://youtu.be/vLuvzAtxvrg
木村唯さんが手術の後、クリスマスショーでステージに復帰したときの映像


2014.3.30 花やしき少女歌劇団
https://youtu.be/9LyUxNSzgdw

https://youtu.be/9LyUxNSzgdw
木村唯さんを中心にして「一葉桜の歌」が歌われます。花笠を用いたパフォーマンスシーンは、フジテレビ制作のドキュメンタリー番組でも放送されています。


2014.7.20 花やしき少女歌劇団
https://youtu.be/BMzLWoDIyQQ

https://youtu.be/BMzLWoDIyQQ
やはり、この2014年夏のショーの映像が最高。冒頭で、木村唯さんが「8月のメリーゴーランド」を歌い、ラストでは、メンバーに助けられて立ち上がった唯さんを中心に、全員で「空へ」を歌います。


2014.8.10 花やしき少女歌劇団
https://youtu.be/Uf9HmLxxPys

https://youtu.be/Uf9HmLxxPys
2014年7月20日のライブと同様、冒頭で、木村唯さんが「8月のメリーゴーランド」を歌います。ラストでは、メンバーに助けられて椅子から立ち上がった唯さんを中心に全員で「空へ」を歌います。


2015年4月のラストステージ
https://youtu.be/6AHWsOWSf_o

2015年4月のフラワーステージでのラストステージ。
「一葉桜の歌」「空へ」等。「一葉桜の歌」の「少しだけ少しだけ少しだけさみしい」というフレーズをソロで歌う木村唯さんの声がとても美しく響きます。
https://youtu.be/6AHWsOWSf_o


「思い出の足跡」 SUMMER!フラワー(LIVE ver.)
https://youtu.be/7l5-fIM-LGs

https://youtu.be/7l5-fIM-LGs
木村唯さんの最後のステージとなった2015年6月のSUMMER!フラワーのライブで歌われた「思い出の足跡」(木村唯&大橋妃菜作詞、蓮沼健介作曲)の映像。映像は、合成、編集されているようです。CDについては、ブログ記事もご参照ください。




●木村唯さんの歌声が収録されたCDの情報

SUMMER!フラワー(木村唯&大橋妃菜)のツイッターの16年8月17日のツイート
https://twitter.com/sama08130430/status/765902950208110592
「思い出の足跡」(木村唯&大橋妃菜作詞、蓮沼健介作曲)のCDの購入方法が掲載されています。このCDについては、ブログ記事もご参照ください。




●第六の情景で語られるアニメについて
本の「あとがき」にも書いた通り、小説の第六の情景で語られる浅草凌雲閣が出てくるアニメは、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(秋本治原作、高松信司監督)の第214話『十二階で逢いませう』(平見瞠脚本、2001年8月26日、フジテレビで放送)ですが、このアニメの基になったと思われる原作コミックとしては、原作コミックス第5巻の中にある『両さんありがとう』があります。この原作では、泥棒を両さんが捕まえるというところまでは、アニメの基になったと思われますが、漫画では、倒れていた墓石を両さんが直し、その結果、それまで成仏できなかった故人から「ありがとう」という看板のようなメッセージが残されるというもので、こちらには、浅草も、凌雲閣も、小吉さんも出てきません。


●アニメ映画「君の名は。」について
小説の中で、「私」と「奧山先輩」とがアニメ映画「君の名は。」について語るシーンがありますが、この映画については、このウェブサイトの中の「君の名は。」のページに、この小説に関係のある風景の写真を掲載しています。


●バレエ「ペトルーシュカ」について
第十三の情景に出てくる人形芝居は、本の「あとがき」にも書いた通り、1911年にパリ・シャトレ座で初演されたバレエ「ペトルーシュカ」(ストラビンスキー作曲、フォーキン振付)がベースになっていますが、この「ペトルーシュカ」の音楽は、ストラビンスキー自身が、1947年に改訂していて、現在、「全曲盤」のCDは、1911年版のものと1947年版のものとがあります。たとえば、インバル指揮、フィルハーモニア管弦楽団によるものは、1911年版、バーンスタイン指揮、ニューヨークフィルハーモニックによるものは、1947年版です。1947年版のほうが、やや、華やかな感じに聞こえますが、演奏にもよると思います。



●小説の舞台のモデルの場所(主に浅草)の実際の風景写真の一部を、インスタグラム(ユーザー名=kkmasahiro)で公開しています。(17. 3.29現在)
https://www.instagram.com/kkmasahiro/
ルミヤシキなどの写真を公開しています)



●花やしきのホームページ等

花やしきのホームページ
http://www.hanayashiki.net/

花やしきステージショーのページ
http://www.hanayashiki.net/stage

花やしき少女歌劇団の紹介ページ
http://www.hanayashiki.net/stage/stage-c

花やしき少女歌劇団 団員紹介のページ
http://www.hanayashiki.net/stage/stage-c/member




ブログの関連記事
木村唯さんと大橋妃菜さんのCDと花やしきライブ映像紹介(16.10. 9)
http://masahirokitamura.dreamlog.jp/archives/52403291.html

関連ツイート(17. 2. 9)
https://twitter.com/masahirokitamra/status/829604413526339586




浅草・花やしきのメリーゴーランド
(2017. 1. 9撮影)




解体直前の花やしきBeeタワー(2016年9月30日撮影)



Beeタワーがあった頃の花やしき通り入り口付近からの眺め
(Beeタワーの先端部分が見える、2016年9月30日撮影)



浅草・花やしき、Beeタワー&フラワーステージ跡地
(2017年1月9日、夜のイルミネーション「ルミヤシキ」で撮影)




浅草・おくやま通りで準備中の「大道芸座」の紙芝居屋さん
2016年12月19日撮影





浅草・花やしきにあった解体直前のBeeタワーと下のフラワーステージ
花やしき少女歌劇団のショーが行われ
名曲「8月のメリーゴーランド」も木村唯さんのボーカルでここで披露された

(2016. 9.30撮影)






北村正裕著書紹介


リンクページ(入口)


童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋MENU