童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋MENU > 永遠のエヴァンゲリオン >

 


新作EVA新作映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」序破急(Q)
&「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」(EVANGELION:3.0+1.0?)

〜「破」ではエヴァの郷愁全開〜


このページでは、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の感想、印象などを書きます。


●以前、『新版 エヴァンゲリオン解読』(2006年、三一書房)の「新版あとがき」の中で、「破滅と郷愁という二つのキーワード」という言葉を使いましたが、今回の新EVA第二弾(破)は、まさに、エヴァの郷愁全開!という感じでしたね。SFらしいCGに混じって現れる昭和レトロ風の風景の連発!そして、クライマックスシーンで流れる挿入歌は、70年代フォークの歴史的名曲「翼をください」(山上路夫作詞、村井邦彦作曲、赤い鳥が70年にヤマハのポピュラーフェスティバルで披露した後、1971年にレコード発売)!
僕は、ときどき、ライブハウスなどでギター弾き語りで歌を歌っていますが、今年3月のライブで、自作曲中心のプログラムの最後に、この歴史的名曲をカバー演奏したばかりだったので、ちょっと、びっくり!
おまけに、中盤の残酷シーンでは、もっと古いフォークソングのこれまた歴史的名曲「今日の日はさようなら」(金子詔一作詞・作曲、60年代の森山良子のレパートリー)が流れるというものすごいバランス感覚!まさに、「破滅と郷愁」そのものですね!
この2曲を歌っている歌手は、サントラ盤CDのネットでの予約情報のページを見ると、林原めぐみさんのようですね。
世界の終わりを予感させるようなロマンティックなクライマックス!
こんなすごい映画は、97年の「エヴァ」以来ですね。今度の完結編も、もしかすると、97年版に匹敵するような傑作になるかも!ちょっと、期待してしまいます。
とりあえす、新エヴァ第2部の第一印象。また、後日、追記すると思います。
(09. 7. 7記)

●昨日の記事の中で、「破滅と郷愁」という言葉を使いましたが、「郷愁」と「破滅の美」という表現は、以前、ブログの05年5月3日の記事の中でも使っていますし、それ以前にも、HPの中で使っています。また、『エヴァンゲリオン解読』第1版(2001年、三一書房)の「あとがき」でも、「エヴァ」の魅力のひとつとして、「郷愁」という言葉を使っています。
(09. 7. 8記)

●昨年の記事の中でも触れたように、中盤の残酷シーンで、古いフォークソングのこれまた歴史的名曲「今日の日はさようなら」(金子詔一作詞・作曲、60年代の森山良子のレパートリー)が流れるというような音楽の使い方は見事で、非常に意味深いものを感じたので、静山社文庫版『完本 エヴァンゲリオン解読』(北村正裕著、2010年)の「文庫版あとがき」の中でこれらの音楽の使い方などを中心に「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」についても触れることにしました。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズは、「新世紀エヴァンゲリオンとは設定などが異なり、別の物語と考えるべきものですが、『新版 エヴァンゲリオン解読』(2006年、三一書房)の「新版あとがき」の中で使った「破滅と郷愁という二つのキーワード」は、まさに、両者の共通する重要な要素であると思います。なお、静山社文庫版『完本 エヴァンゲリオン解読』(北村正裕著、2010年)は、『新版 エヴァンゲリオン解読』(2006年、三一書房)にさらに改訂を加えた新編集の文庫版で、新しい「文庫版あとがき」のまえに、「2006年単行本新版あとがき」と「2001年単行本第1版あとがき」も収録してあり、「あとがき」だけで3つもあるということになっています。
(10.4.13記)

●先日の記事で触れた静山社文庫版の『(完本)エヴァンゲリオン解読』(北村正裕著)が、発売になりました。発行日は5月5日で、すでに、多くの書店での注文が可能な状態になっていると思います。
ところで、「ヱヴァンげリヲン新劇場版:Q(急)」+完結編の公開時期は、いつごろになるのでしょうかねえ?
(10. 5. 8記)

●2011年8月26日、日本テレビの「金曜ロードショー」とヱヴァンゲリヲン公式サイト(evangelion.co.jp)で、今後の新作公開日程については、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q Quickening 西暦2012年秋公開」とだけ発表されましたが、「完結編」の公開は分離されて、さらに後になるということなのでしょうか?
(11. 8.27記)

●2012年1月に、公式サイト(evangelion.co.jp)に完結編(FINAL)のページ(http://evangelion.co.jp/final.html)が登場し、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:? 西暦2013年公開」との告知がでましたので、第3部と第4部(完結編)とは分離して公開ということのようですね。
(12. 1.13記)

●2012年7月、公式サイト(evangelion.co.jp)、株式会社カラーのウェブサイトなどで、「『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』西暦2012年11月17日(土)公開」と発表されました(株式会社カラーのサイトへの掲載は、7月2日)。楽しみですね。
(12. 7. 2記)

●公式サイトの完結編のページ(http://www.evangelion.co.jp/final.html)の記載が、「次回 シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」に変わりました。「||」は何て読むんだろう?これまでは、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:? 西暦2013年公開」となっていましたが。「西暦2013年公開」という記載も消えてしまいました。また、遅れるのか?
(12.11.19記)

●2014年9月5日、日テレの金曜ロードショーでの「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の放送のさい、最後に、「NEXT EVANGELION:3.0+1.0」というテロップが出ました。これ、何でしょう?公開時期はいつになるのでしょう?「Q」は、あくまで物語の途中という感じなので、次回作を見ないと、これだけでは何だかわからないという気分なんですよねえ。
(14. 9. 5記)



 

*エヴァ新作映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版(第1部「序」、第2部「破」、第3部[「Q(急)」、第4部(完結編?)については、ブログの方にも関連記事を掲載しています。



北村正裕弾き語りライブ情報


エヴァンゲリオンの基礎知識 

『エヴァンゲリオン解読』(第1版01年/新版07年)入手方法


 

永遠のエヴァンゲリオンのトップへ

童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋MENU