童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋MENU > 永遠のエヴァンゲリオン >

 

エヴァンゲリオンBD・DVDの種類等の基礎解説

−「新世紀エヴァンゲリオン」と「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ−

このページでは、たとえば、2007年スタートの新作アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ(新劇場版の完結編は「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」?)を見る前に、そして、また、その後に、原典版(95〜99年版)のアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」について概観するために、DVDなどをこれから見ようと考えている方々のために、95〜99年版「新世紀エヴァンゲリオン」のビデオソフトの種類、さらに、2015年発売の「新世紀エヴァンゲリオンBlu-ray BOX」などについての基礎知識をまとめておきます。DVDの種類、見る順番など、新しいアニメファンの方々のための参考にしていただければさいわいです。
(2015. 8.27更新)

〔「新世紀エヴァンゲリオンBlu-ray BOX」発売〕

「新世紀エヴァンゲリオンBlu-ray BOX」が2015年8月26日に発売され、修正前の「DEATH」の初ソフト化、そして、「REBIRTH」も高画質で見られるようになりました。
『エヴァンゲリオン解読』(北村正裕著)の2007年新版p.183には、「資料に関する補足(2007年)」として、「『魂のルフラン』の流れる劇場版ソフトを入手したいという場合には、1999年に発売された古い劇場版DVDか、2000年に限定発売された『セカンドインパクトボックス』の下巻を探さなければならない」とありますが、『魂のルフラン』の流れる「REBIRTH」は、2015年8月発売のブルーレイボックスに収録されたので、今後は、このブルーレイボックスをおすすめしないといけません。
97年春の映画「シト新生」の前半部にあたる「DEATH」は、これまで、修正された「TRUE2」ヴァージョンのみソフト発売されていましたが、2015年発売のブルーレイボックスで初めて、修正前のヴァージョンが収録されています。
さらに、「ラストシーン 別台詞版」も収録されています。
『エヴァンゲリオン解読』、(2001年初版)第5章には「まごころを、君に」のラストシーンの台詞「気持ち悪い」が、原案では「あんたなんかに殺されるのは、まっぴらよ!」であったらしいということも書きましたが(2010年静山社文庫版ではP.154)、当時、そのバージョンの音声も収録されていたとのことで、今回、その音声を用いたラストシーン映像が、初登場しています。この台詞は、絵コンテとも一致しています。


〔「新世紀エヴァンゲリオンBlu-ray BOX」収録内容の情報〕

2015年8月発売の「新世紀エヴァンゲリオンBlu-rayBOX」
次のような収録内容になっています。

『新世紀エヴァンゲリオン』TVシリーズ全26話+ビデオフォーマット版4話(第弐拾壱話〜第弐拾四話)
*95〜96年に放送されたTVシリーズ全26話中第弐拾壱話から第弐拾四話までの4話については、99年のDVD発売時に、かなり大きな修正が加えられていて、それが、ビデオフォーマット版と呼ばれています。TVシリーズの内容を受けての完結編が、映画「THE END OF EVANGELION」です。

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』EVANGELION: DEATH & REBIRTH
「DEATH」(初ソフト化)+「REBIRTH」
*97年春の映画。「DEATH」は、テレビシリーズの回想のような内容ですが、99年のDVD発売時には、「TRUE2」という修正されたヴァージョンが収録され、修正前のヴァージョンのソフト化は、今回が初めてということになります。、また、「REBIRTH」は、完結編の予告のような内容で、このラストで、挿入歌「魂のルフラン」が流れますが、2003年発売の「リニューアル版DVDでは、この「REBIRTH」が収録されていませんでしたので、今回、久々の復活、しかも、今回は、他の映像同様、HDリマスター。

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』 THE END OF EVANGELION
*97年夏の完結編の映画。

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に』 REVIVAL OF EVANGELION
*98年に、97年の「シト新生」の「DEATH」の修正版と「 THE END OF EVANGELION」をつなげて上映された映画。

その他、映像特典、音声特典も収録されていて、「新世紀エヴァンゲリオン」のすべての映像が収録されているといってもいいような内容になっています。


〔99年版、03年版ビデオソフトおよびテレビ版と劇場版の関係〕

 もともと、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(ガイナックス企画、庵野秀明監督)は、1995年10月から半年間テレビで放映されたものの、その「最終話」でも物語は完結せず、その後、1997年春に公開された映画「シト新生(DEATH&REBIRTH)」(テレビ版の回想と完結編映画の予告的内容)を経て、1997年夏に、テレビ版の最終二話(「第弐拾五話」と「最終話」)をリメイクした形で(つまり、テレビ版の第弐拾四話に続く形で)、映画「THE END OF EVANGELION(Air/まごころを、君に)」が公開されて、ようやく完結し、さらに、修正されたDVDビデオソフトは、99年に完結したという経緯があります。劇場版DEATH編は、映画「シト新生(DEATH&REBIRTH)」の前半部分で、テレビ版の回想であり、「総集編」という言葉が使われていることが多いですが、これを見ればテレビ版のあらすじがわかるというような作りにはなっていません。ですから、僕は、自分の著書『エヴァンゲリオン解読』(2001年)では、これを「総集編」とは呼ばず、「回想」と呼んでいます。アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のストーリーを概観したければ、むしろ、劇場版DEATH編を省略して、テレビ版の第壱話から第弐拾四話までを見た後、劇場版の「Air/まごころを、君に」へ進めば、これで、ストーリーが完結します。テレビ版の最終2話も省略可能です。劇場版(Air/まごころを、君に)は、テレビ版の結末とは比較にならないほど、素晴らしく、感動的な傑作だと思います(否定的な感想も多いようですが)。また、2003年に発売されたリニューアル版のビデオソフト(DVD)には、第弐拾壱話から第弐拾四話までについては、修正されたビデオヴァージョン(リテイク版)と、テレビ放映時の旧ヴァージョンの両方が収録されていますが、これについては、リテイク版(ビデオフォーマット版)を見れば、完成された形が見られます。しかし、これ以上の省略をすると、わけがわからなくなるはずです。
 ところで、「シト新生(DEATH&REBIRTH)」の「REBIRTH編」は、内容的には、「THE END OF EVANGELION(Air/まごころを、君に)」の前半の「Air」に含まれており、したがって、「DEATH編」(の改訂版であるTRUE2ヴァージョン)と「Air/まごころを、君に」をつなげれば、一応、劇場版の完全版ということになり、実際、98年春には、この形で「REVIVAL OF EVANGELION」というタイトルで文字通りリバイバル上映され、2003年に発売されたリニューアル版の劇場版DVDもこの形になっています。しかし、この形のビデオソフトも、音楽的には、完全版とは言えません。というのは、もともとの映画「シト新生(DEATH&REBIRTH)」では、ラストに、挿入歌「魂のルフラン」が流れるのですが、「REVIVAL OF EVANGELION」の形では、これが流れないからです。というわけで、かつてのヒット曲「魂のルフラン」の流れる劇場版ソフトを入手したいという場合には、99年に発売された古い劇場版DVDをさがすか、2015年発売の「新世紀エヴァンゲリオンBlu-rayBOX」を入手するとよいと思います。

 99年発売のDVDビデオソフト(発売元:ガイナックス)には、この劇場版完結編「THE END OF EVANGELION(Air/まごころを、君に)」の「Air」を「第25話」、「まごころを、君に」を「第26話(終局)」として、それぞれ、テレビ版の「第弐拾五話」「最終話」の後に(若干の修正を施した上で)収録されています。また、これとは別に、劇場版のビデオソフトも発売されています。それに対して、2003年のリニューアル版では、テレビ版と劇場版は、完全に、別のディスクになっています。

 1998年から99年にかけて発売されたビデオソフトに収録されているテレビ版の部分は、実際にテレビ放映されたものに、若干の修正が施されているものです。特に、「第弐拾壱話」から「第弐拾四話」までは、かなり、修正され、新たな映像が、追加されています。また、「シト新生」のDEATH編(テレビ版の回想的内容)も、劇場公開時のものに修正が加えられ「TRUE^2」ヴァージョンと銘打ってビデオソフトに収録されています(こちらは、テレビ版とは逆に、若干、短くなり、そのカットされた部分が、ビデオ版の「第弐拾壱話」から「第弐拾四話」にはいったというわけです)。なお、2001年2月に出たDVDのセット「SECOND INPACT BOX(セカンドインパクトボッックス)」中巻に、第弐拾壱話から第弐拾四話までの、テレビ放映時のヴァージョン、つまり、修正された形で出たビデオソフトのヴァージョン(ビデオフォーマット版)とは違う旧ヴァージョン(OAフォーマット版)が収録されています。

 2003年に、画質などを改良して発売された、リマスター版(リニューアル版)DVDには、第弐拾壱話から第弐拾四話までについては、修正されたビデオヴァージョン(リテイク版)と、テレビ放映時の旧ヴァージョンの両方が収録されています。両ヴァージョンの比較にはうってつけだと思います。第弐拾壱話と第弐拾弐話は、第6巻に、第弐拾参話と第弐拾四話は第7巻に、それぞれ収録されています。また、2003年版のDVDでは、劇場版(DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に)は、2枚組で、テレビ版DVDとは別巻になっています。

 というわけで、いろいろ、ややこしいですが、これから『エヴァンゲリオン』を見ようという方のご参考になればさいわいです。

〔「新世紀エヴァンゲリオン」95〜99年版あらすじ〕

西暦2015年、人類は、その存在をおびやかす使徒と呼ばれる謎の生物に対して、人造人間エヴァンゲリオンを使って戦っていた。エヴァンゲリオンを操縦するのは、碇シンジ、綾波レイ、惣流・アスカ・ラングレーン等、母のない、14歳の少年少女たち。そして、政府に疎まれながらも、全権を委ねられた特務機関ネルフ。だが、ネルフと、その背後にある秘密組織ゼーレは、全ての使徒を殲滅した後に発動すべく、行き詰まった人類を新たな段階に人工進化させる「人類補完計画」を画策していた。そして、両者の補完計画の間には、大きな違いがあって、最後の使徒の殲滅後、対立は決定的となり、全面的な武力衝突となる。双方の「補完」が同時に進む中、どちらの補完計画にも必要なエヴァンゲリオン初号機のパイロット、碇シンジに全てが委ねられ、苦悩の末、彼は、どちらの補完も肯定せず、もとの世界に戻ることを決意する(最後の使徒殲滅が、テレビ版第弐拾四話、それ以降が、劇場版(Air/まごころを、君に))。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版制作情報〕

2007年にスタートした新作アニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」(序・破・急(Q)+完結、4部作)シリーズは、「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラクターたちが活躍する、いわば、もうひとつの「エヴァ」とも呼ぶべきものですが、このシリーズの制作が発表されたのは、2006年でした。
2006年9月9日に、GAINAXは、HPで、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の新劇場版四部作REBUILD OF EVANGELION(仮題)が製作され2007年夏から2008年夏にかけて公開されるとの発表をしました。 また、キングレコードのDVD情報などを掲載している「エヴァ」公式サイトhttp://evangelion.co.jp/でも、同時に情報が掲載され、07〜08年公開予定の新劇場版の前編、中編、後編、完結編の4部のうち「完結編は新作」という情報が出ました。一方、2006年9月9日発売の「ニュータイプ」10月号(角川書店)18ページに掲載されているキングレコードの大月俊倫プロデューサーのインタビュー記事には、同プロデューサーの発言として、「物語の時間軸は、'95年のTVシリーズと同じです。ただし、内容はまったく異なっている。リメイクでもつくり直しでもない"新作"です」と書かれており、また、編集側の記述として、「新劇場版のために、大量の新設定も準備される予定だ」と書かれており、「完結編」だけでなく、作品全体が、95〜99年版とは別の物語になることが示唆されました。
さらに、2007年2月17日に、これまでキングレコードから発売されていたアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」2003年リマスター版DVDの情報などを掲載していた公式ページhttp://www.evangelion.co.jp/が全面リニューアルされ、新作映画のタイトルが「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」となることや、第1作の公開予定日が2007年9月1日であるという情報などが掲載されました。また、Yahoo! JAPAN-エヴァンゲリオン特集-のページhttp://eva.yahoo.co.jp/で発信された「新劇場版特報映像」には、「新しい登場人物、新しいエヴァ、異なる結末」という文言が並んでおり、タイトルの表記を変えたことと合わせて、オリジナル版とは別の作品であるということが、さらに、強く示唆されました。また、同特集ページに掲載された庵野総監督の「所信表明文」には、「エヴァンゲリオンを知らない人たちが触れやすいよう、劇場用映画として面白さを凝縮し、世界観を再構築し、誰もが楽しめるエンターテインメント映画を目指します」とあり、新しいアニメファンにとっては、歴史的傑作「新世紀エヴァンゲリオン」に触れるきっかけにもなるかもしれません。この新劇場版の制作は、原作者たるGAINAXではなく、庵野総監督自らが設立した「スタジオカラー」という新しい制作スタジオが手がけるとのことです。
2007年に第1作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」が、2009年には、第2作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」が公開され、第3部「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」と第4部(完結編)は、当初の発表では同時に公開される予定だったようですが、2011年8月26日、日本テレビの「金曜ロードショー」とヱヴァンゲリヲン公式サイト(evangelion.co.jp)では、日程については、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q Quickening 西暦2012年秋公開」とだけ発表されました。さらに、2012年1月には、公式サイト(evangelion.co.jp)に完結編(FINAL)のページ(http://evangelion.co.jp/final.html)が登場し、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:? 西暦2013年公開」との告知がでました。また、同時に、公式サイトには、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q Quickening」については、「EVANGELION:3.0 You can(not) redo」という英語表記も登場しました。そして、2012年7月、公式サイト(evangelion.co.jp)、株式会社カラーのウェブサイトなどで、「『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』西暦2012年11月17日(土)公開」と発表されました(株式会社カラーのサイトへの掲載は、7月2日)。「Q」の公開後、公式サイトの完結編のページ(http://www.evangelion.co.jp/final.html)の記載が、「次回 シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」に変わりました。


〔その他の話題〕

*95年のテレビ放映開始とほぼ同時期から、アニメのキャラクターデザインを担当した貞本氏によるコミック化が続けられ、角川書店から発行されており、2014年に第14巻で完結しました。これも、また、「もうひとつのエヴァ」と呼ぶべきものでしょう。

*「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」とは別に、ハリウッドで、実写版の「エヴァンゲリオン」の映画を製作するという計画があるようで、ガイナックスのHPなどに情報が出ましたが、2010年春現在、詳細は、まだ、不明です。

*「新世紀エヴァンゲリオン」TV版各話と劇場版("旧劇場版"DEATH(TRUE2)/REBIRTH/Air/まごころを、君に)のストーリー解説は、オリジナル版(95〜99年版)制作会社GAINAXのHP(リンクページ参照)にあります。

*映画「シト新生(DEATH&REBIRTH)」の挿入歌「魂のルフラン」のルフランとは、フランス語で「繰り返し」の意味なので、「魂のルフラン」とは、いわば輪廻転生(りんねてんしょう)を意味するタイトルだと考えてよいと思います。さらに歌詞を見ると、その内容は死への誘いととれるものであり、アニメソングとしてはきわめて異例のものだと思います。 

新作映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」(第1部「序」、第2部「破」、第3部[「Q(急)」、第4部(完結編?)については、ブログの方にも関連記事を掲載しています。


*「新世紀エヴァンゲリオンBlu-ray BOX」、2015年8月26日発売となりました。修正前の「DEATH」の初ソフト化、そして、「REBIRTH」も高画質で見られることに!

(2015年 8月27日更新)

 

エヴァンゲリオン関連書籍

『エヴァンゲリオン解読』(ハードカバー/文庫版)入手方法

北村正裕著「エヴァンゲリオン解読」紹介

 

永遠のエヴァンゲリオンのトップへ

童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋MENU