童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋MENU >

 

北村正裕プロフィール

 

北村正裕(きたむら まさひろ)

1958年生まれ。数学教師の仕事の傍ら、童話創作、絵本出版などの創作活動を続けています。また、ライブハウスなどでの自作曲の弾き語りライブ活動もしています。教育主義的な従来の児童文学と一線を画したメルヘン、ナンセンス童話の創作、そして、童話的な詩と曲の創作、歌唱を心がけています。  

最近では、創作童話の電子書籍『何もない遊園地』(2013年、Kindle版)を電子出版しました。また、2008年には絵本『ガラスの中のマリー』(三一書房)を出版し、ここでは、文章だけでなく、絵も自分で描いたほか、自分で撮影した風景写真などをセピア色に加工して使うなど、ビジュアル面での工夫をしました。ライブハウスでの弾き語りライブでは、色々な自作曲を歌っていますが、いつも歌っている歌のうち一番古い曲は、1980年10月に作詞作曲した「二人乗りの気球」(北村正裕作詞・作曲)です。2016年1月には、ライブアルバム「宝石の作り方」を配信発売しました。iTunes、Amazonデジタルミュージック、Google play music等で配信されています。ライブ情報や、自作曲のiTunes等での配信や収録CDの発売情報は、音楽用HP(北村正裕アート空間)に掲載しています。

また、2000年に雑誌「駿台フォーラム」第18号(編集=駿台教育研究所、発行=駿台予備学校)に発表した論文「死神のメルヘン」で、落語「死神」のルーツについて、グリム童話の直系と主張し、従来のイタリア・オペラ関与説の問題点を指摘するなど、文学・芸術に関する独自の研究活動も行っています。なお、この論文は、駿台教育研究所の了解を得て、2012年に当サイトでPDF形式で読めるようにしました。2013年7月現在、「プロムナード」コーナーの、「グリム童話と死神」のページからアクセスできるようになっています。

著書=創作メルヘン「何もない遊園地」(Kindle版電子書籍、2013年)、小説「8月のメリーゴーランド〜十八の情景〜」(Kindle版、2017年)、絵本「ガラスの中のマリー」(三一書房、2008年)、詩集「夜汽車の憧れ」(私家版、1995年)、アニメ解釈本「エヴァンゲリオン解読」(三一書房、2001年)、「完本 エヴァンゲリオン解読」(静山社文庫、2010年)、児童文学アンソロジー「わすれものをした日に読む本」(共著、偕成社、1992年)等。


小説「8月のメリーゴーランド〜十八の情景」電子出版情報&リンク




弾き語りライブ(2013年3月17日)
(→音楽・音源情報



浅草花やしき、Beeタワー跡地にて
(2017年1月9日)
「8月のメリーゴーランド」関連情報&リンク



北村正裕弾き語りライブ(2012年12月8日)



北村正裕弾き語りライブ(2012年3月22日)



弾き語りライブ(2013年3月17日)




リハーサルスタジオにて、2017年1月26日











弾き語りライブ(2009年7月16日)



北村正裕(2011年8月25日弾き語りライブ)

 

E-mail:wr.k.masahiro@nifty.ne.jp


童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋MENU