童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋MENU > 著書紹介

 

創作童話『何もない遊園地』電子出版のお知らせ

 


『何もない遊園地』電子本情報(リンク)


〔2017年版電子出版のお知らせ〕
1996年に執筆し、1999年にホームページに掲載し、2013年に電子出版した創作童話『何もない遊園地』に新しいプロローグを追加するなどの改訂を施した「プロローグ『スミレの乗車券』付き2017年版」をKindle版で電子出版しました。
(2017.8.13記)


『何もない遊園地』電子本情報(リンク)


〔2013年版電子書籍のご案内〕
1996年に執筆し、1999年にホームページに掲載した創作童話『何もない遊園地』を、2013年1月26日(米国時間では1月25日)、通販ショップAmazonのKindleダイレクトパブリッシングのサービスを利用して、電子出版しました。
Amazon Kindleストア
http://www.amazon.co.jp/dp/B00B6FTH6Q/
で購入できます。
タブレット端末(アンドロイド端末またはiPad)でもスマートホンでも、Kindleアプリを入れれば読めます。

この作品は、これまで、本サイトに掲載していましたが、中〜長編に属する長さの作品なので、本サイトに掲載している他の短編と違って、HTML形式では読みにくいのに対して、電子書籍にして、タブレット端末などでの読書であればかなり読みやすくなると思うので、AmazonのKindleダイレクトパブリッシングのサービスが、2012年10月に日本でも始まったこの機会に、作品を電子書籍として出版することにしました。
これまで長編(と言っても紙の本で100ページ程度なので中編と言ってもよい長さですが)ゆえに敬遠されていた方には、この機会に、是非、お読みいただきたいと思います。
なお、2015年1月より、Windows PCでも読むことができるようになりました。Amazonのサイトからkindle無料アプリをアプリをダウンロードすれば読めるようになります(『何もない遊園地』電子本情報のページをご参照ください)。
(2015. 1.21更新)


*2013年版表紙の画像は、文字を含めてラシャ紙と折り紙を切り張りして作ってみました。

*購入方法などについては、『何もない遊園地』電子本情報のページをご参照ください。


「何もない遊園地」
どこからともなく「何もない遊園地」に入り込んでしまった少年は、時の精に導かれて「月夜の国」へやって来る。が、「個性の得点」で差別されて「太陽の国」から追放された子ども達が暮らす「月夜の国」は、「太陽の国」の侵攻による危機に瀕していた。少年は、月夜の国を救うため、「悲しみの国」をめざして、砂漠への旅に出る。


*童話「何もない遊園地」の2013年版プロローグと第1話を、PDFファイルで無料公開中です。(2015. 1.11)
「何もない遊園地」2013年版プロローグと第1話(PDF)
(PDFファイルを見るためには閲覧用のアプリ、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readeは、Adobe社のサイトから無料でダウンロードできます)


『何もない遊園地』電子本情報



北村正裕著書紹介



童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋MENU