童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋MENU > リンクページ(入口) >

 

『エヴァンゲリオン解読』関連情報リンク

-北村正裕著『エヴァンゲリオン解読』(三一書房版第1版2001年、新版2007年、静山社文庫版2010年)に関する情報-


『エヴァンゲリオン解読』入手方法


静山社文庫版(2010年版)に関する情報ページ


ウェブサイト「ブクログ」内のページ
http://booklog.jp/item/1/4863890486
 読者の感想。


ウェブサイト「読書メーター」内のページ
http://bookmeter.com/b/4863890486
 読者の感想。


ネット書店Amazonのサイト内の情報ページ
http://www.amazon.co.jp/dp/4863890486/
 価格、著者紹介など。


ネット書店楽天ブックス内の情報ページ
http://books.rakuten.co.jp/rb/6411307/
 価格、発行日情報など。


紀伊国屋書店のサイト内のページ
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784863890480
 価格情報など。


HMVのサイト内のページ
http://www.hmv.co.jp/artist_95_000000000375365/
 著者プロフィールなど。


BACKMENさんのブログ「エヴァブロ。」の記事
http://ameblo.jp/s081102/entry-10530633274.html
 自称エヴァオタのBACKMENさんの感想記事。札幌の本屋さんで購入されたようです。


falcon2003さんのブログ「従祭章」の記事
http://ameblo.jp/hyt0812-blog/entry-10533113770.html
 falcon2003さんの感想記事。「久々にエヴァ」というタイトルがついているので、昔からのエヴァファンの方のようです。


「hi-sai BLOG」というブログの記事
http://hi-sai.blog.so-net.ne.jp/2011-01-01
 1995年当時からのエヴァファンの方が書かれた記事のようで、「あきらめていた謎解きに触れ、忘れていた興味が一気に復活した」とのことです。


音楽・映像公開用HP(北村正裕アート空間)内の紹介記事

http://masahirokitamura.art.coocan.jp/evangelion.html
 文庫化にあたっての改訂についてなど。

*読売新聞のサイト内の
http://www.yomiuri.co.jp/book/bunko/20100615bk06.htm
に、詩人、川口晴美さんによる書評が掲載されていましたが、掲載は終了したようです。この書評は、読売新聞2010年6月14日夕刊に掲載されたものです。「なぜエヴァが思春期の子どもだけでなく大人の心をもとらえたのか、納得。」などと書かれていました。



三一書房版新版(2007年版)に関する情報ページ


ネット書店Amazonのサイト内の情報ページ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4380072150/
 2007年新版発売情報など。


楽天ブックスのサイト内の情報ページ
http://books.rakuten.co.jp/rb/4496381/
 2007年新版発売情報、写真など。


三一書房版第1版(2001年版)に関する情報ページ


ネット書店Amazonのサイト内の情報ページ

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4380012158/
 『エヴァンゲリオン解読』第1版の紹介、写真、読者の感想など。


セブンネットショッピングのサイト内の情報ページ
http://www.7netshopping.jp/books/detail/?accd=30913096
 『エヴァンゲリオン解読』第1版の紹介、目次、読者のコメントなど。セブンネット書店は、旧イーエスブックス(旧URL=http://www.esbooks.co.jp/books/detail?accd=30913096)。


楽天ブックスのサイト内の情報ページ
http://books.rakuten.co.jp/rb/1398703/
 『エヴァンゲリオン解読』第1版の目次など。


谷口隆一氏(日本工業新聞記者)のコメント(2001年12月12日付記事)
http://www.asahi-net.or.jp/~WF9R-TNGC/nikko2001122.html
 谷口隆一氏(日本工業新聞記者)のコメント(2001年12月12日付記事)。


 


2007年「新版」発行について

2001年初版発行の『エヴァンゲリオン解読』(第1版)の2006年の増刷分(6刷)の版元在庫切れにともない、第1版は絶版となり、代わりに、新たに、『新版 エヴァンゲリオン解読』が刊行となりました(2007年8月発行)。これは、第1版の「補章」をカットする代わりに、「資料に関する補足」という項目を巻末に設けて、2003年にキングレコードから発売されたリマスター版のDVDの紹介を追加するなどの改訂を加えた「新版」です。本論の論旨には変更はありません。「新版」については、書店のみでの販売とし、著者直販は行わない予定です。

2007年新版第1刷と新版第2刷のカバーの違いについて

2007年8月に発行された『新版 エヴァンゲリオン解読』は、翌9月に増刷(重版)され、新版第2刷が出ています。新版第1刷は、二重カバーになっていましたが、諸般の事情により、新版第2刷では、外側のカバー(帯)はなくなり、外カバー(帯)のみに印刷されていた字句の一部を内側のカバーに印刷するといった装丁の修正が行われています。ネット書店の情報ページ、例えば、Amazonのページhttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4380072150/ では、新版第1刷の外カバーをはずした状態の画像が掲載されているため、新版第2刷のカバーとは、微妙に違っていますが、上記のような事情によるもので、新版第1刷(2007年8月発行)と新版第2刷(2007年9月発行)の中身は同じです。

 

 

「新世紀エヴァンゲリオン」と「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の基礎知識

エヴァンゲリオン関連書籍

『エヴァンゲリオン解読』入手方法

北村正裕著「エヴァンゲリオン解読」紹介

 

永遠のエヴァンゲリオン

 

リンクページ(入口)へ

童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋MENU