童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋MENU >白鳥の湖への旅 >

 

   「白鳥の湖」の基礎知識

 

〔ストーリーの変遷〕

 バレエのストーリーは、ムゼーウスのメルヘンのロシア語翻案を読んだ、作曲者のチャイコフスキー自身によって構想が練られ、ベギチェフとゲリツェルによって原台本がかかれ(1876年)、1877年にモスクワ・ボリショイ劇場で初演された(ライジンガー振付)。この台本では、白鳥の姿を手に入れた、妖精の娘オデットが、継母である魔女のロットバルトに命を狙われており、王子ジークフリートが、愛の力で彼女を救おうとするも、魔女の策略に屈し、最後は、オデットもろとも、魔女が起こした嵐の中、氾濫した湖の水に飲み込まれるという物語だった。作曲者の死後の1895年に、プティパ、イワノフ、それに、作曲者の弟のモデスト・チャイコフスキーによって改訂版(サンクトペテルブルク・マリインスキイ劇場)が上演された時、オデットは、悪魔ロットバルトによって白鳥にされてしまった人間の王女となり、王子は、愛の力で、その呪いを解こうとするが、悪魔の策に屈し、絶望した二人は、湖に身を投げ、永遠の世界で結ばれる(つまり、昇天する)という物語になり、これが、今日の「白鳥の湖」の基礎になっている。バレエ団によっては、王子が悪魔を倒すという、いわゆるハッピーエンド演出をとる事もあるが、これは、1937年のメッセレル版(ボリショイ劇場)以来、旧ソ連で広がったもので、原典版とは程遠い結末。また、今日では、様々な解釈、演出が存在する。 なお、2013年3月の日本バレエ協会「白鳥の湖」(ゴルスキー版)の公演プログラムによると、ハッピーエンド演出が初めて登場したのは、1920年のゴルスキー版であるとのこと。そして、その後の改訂を経て、1937年のメッセレルの再振付以来、ハッピーエンド演出が旧ソ連で主流になっていったようである。
(13. 3.24更新)

 

〔音楽的改編〕

 作曲が完成したのは1876年、初演は、1877年であるが、初演時にも、原総譜通り演奏されたわけではなく、かなりカットされた演奏だったらしい。一方で、チャイコフスキー自身によって追加作曲された曲もあった(第3幕の、ロシアの踊りと、グラン・パ・ドゥ・ドゥ…今日の「黒鳥のパ・ドゥ・ドゥ」ではない)。音楽が、ドリゴによって大きく改定されたのは、1895年のプティパ・イワノフ版の時である。この時、本来、第1幕にあった王子と村娘とのパ・ドゥ・ドゥの曲が、第3幕に移され、今では有名な「黒鳥のパ・ドゥ・ドゥ」として使われた。この他、チャイコフスキーのピアノ曲が編曲されて挿入されたり、本来の「白鳥」の曲にも、手が加えられた。例えば、原総譜No.13の5番目の曲(アンダンテ)は、末尾が編曲処理され、ドリゴの終止として有名である(今日、この曲は、「グラン・アダージョ」の曲とよばれる事が多い)。この曲、組曲版では、チャイコフスキー自身によって、末尾が、やはり編曲処理されているが、ドリゴの終止とは別。

 なお、原総譜による全曲版のCDとしては、英国デッカ社から発売されている、ボニング指揮、ナショナルフィルハーモニック管弦楽団によるものがあり(DECCA425 413-2)、これには、初演時にチャイコフスキー自身によって追加作曲された曲(第3幕の、ロシアの踊りと、グラン・パ・ドゥ・ドゥ…今日の「黒鳥のパ・ドゥ・ドゥ」ではない)も収録されている。また、1895年版によるものとしては、ビクターから、フェドートフ指揮、マリインスキー劇場管弦楽団によるCDが発売されている(VICC40238-39)。


〔プティパ・イワノフ版(1895年版)あらすじ〕


第1幕第1場=城の前の公園での、王子ジークフリートの成年を祝う祝宴。王妃は王子に、明日の舞踏会で結婚相手を選ぶように言い渡し、気乗りがしない王子は物思いに沈んでいる。上空を飛ぶ白鳥の群れを見て、王子は、友人たちと狩りに出かける。
第1幕第2場(原曲第2幕に相当)=森にやってきた王子は、湖面の白鳥に弓を向けるが、岸に上がった白鳥が人間の姿に変身するのを見て驚く。人間の姿に戻ったのは、王女オデットだった。彼女は、王子に、自分の身の上を話す。彼女は、悪魔ロットバルトの呪いによって白鳥の姿に変えられてしまい、夜の間だけ人間の姿に戻れる。この呪いを解くのは、他の誰にも愛を誓った事のない者による愛だけだと。
第2幕(原曲第3幕に相当)=王子の花嫁を選ぶ舞踏会。王子は、誰も選ぼうとしないが、ロットバルトが自分の娘オディールを、オデットに似せて連れて現れ、オディールをオデットだと思い込んだ王子は、オディールへの愛の誓いを宣告してしまう。窓辺の本物のオデットと、ふくろうの姿になったロットバルトを見て、王子は、だまされたことに気付いて絶望する。
第3幕(原曲第4幕に相当)=オデットに許しを乞うために夜の湖にやってきた王子。オデットは再開に喜ぶが、ふたりは、死を決意し、湖に身を投げるが、ふくろうの姿のロットバルトも落下して死に、王子とオデットは、永遠の国へ旅立つ。
(2015年2月15日追記)


〔ブルメイステル版(1953年)のあらすじ〕


プロローグ(原曲の前奏曲使用)=花を摘みにやってきた王女オデットが、悪魔ロットバルトにとらえられ、白鳥の姿に変えられてしまう。
第1幕=王子ジークフリートの成年を祝う祝宴。王妃は王子に、明日の舞踏会で結婚相手を選ぶように言い渡し、気乗りがしない王子は物思いに沈んでいる。上空を飛ぶ白鳥の群れを見て、王子は、友人たちと狩りに出かける。
第2幕=森にやってきた王子は、湖面の白鳥に弓を向けるが、岸に上がった白鳥が人間の姿に変身するのを見て驚く。人間の姿に戻ったのは、王女オデットだった。彼女は、悪魔ロットバルトの呪いによって白鳥の姿に変えられてしまい、夜の間だけ人間の姿に戻れる。この呪いを解くのは、他の誰にも愛を誓った事のない者による愛だけだ。
第3幕=王子の花嫁を選ぶ舞踏会。王子は、誰も選ぼうとしないが、ロットバルトが自分の娘オディールを、オデットに似せて連れて現れ、オディールをオデットだと思い込んだ王子は、オディールへの愛の誓いを宣告してしまう。窓辺の本物のオデットを見て、王子は、だまされたことに気付いて絶望する。
第4幕=オデットに許しを乞うために夜の湖にやってきた王子。オデットは再開に喜ぶが、ロットバルトは、嵐を起こし、氾濫した水に王子が呑み込まれてしまい、オデットも、後を追って、身を投げる。すると、ロットバルトが破滅して呪いが解けて嵐がおさまり、生き返ったオデットと王子が、湖の岸に姿を現す。
*ブルメイステル版の音楽は、プティパ・イワノフ版に比べて、チャイコフスキーの原曲に近くなっているのが特徴。
(2015年2月15日追記)

 

〔参考書〕

森田稔「永遠の白鳥の湖」(新書館)

Wiley"Tchaikovsky's Ballets"(Oxford University Press)

ムゼーウス(市川明訳)「奪われたヴェール」(貞松・浜田バレエ団)

北村正裕「オデット姫とジークフリート王子のほんとうの物語」(北村正裕・私家版)  (著書紹介のページ参照)



「白鳥の湖」1895年版台本


白鳥の湖のトップへ

童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋MENU